Copy Right(C) 「Health Navi」 2007 All Right Reserved
姉妹サイト
介護インフォメーション
季節にあった健康・医療情報を掲載 
心と体を守る

ナースインフォメーション
HOME サイトの説明 お問合せ
冬に心配な病気


年末年始の健康管理


お手軽健康料理


各栄養素の働き

東洋医学

健康管理

季節の話題
















  • ノ ロ ウ ィ ル ス 

発生しやすい時期

  ・11月くらいから発生件数は増加しはじめ、
   1〜2月が発生のピークになる傾向があります



症状

 ・ 主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛
 ・ 熱は出るときもあるが、でてもそんなに高くない。



経過

  ・症状が1〜2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。
  ・感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合
   もあります。



潜伏期間

  ・(感染から発症までの時間)は24〜48時間



感染経路

  ・ほとんどが経口感染

※ノロウイルスは乾燥すると容易に空中に漂い、
  これが口に入って感染することがあるので、
  吐ぶつやふん便は乾燥させないことが感染防止に重要。

※下痢等の症状がなくなっても、通常では1週間程度
 長いときには1ヶ月程度ウイルスの排泄が続くこと
 があるので注意が必要。


治療は?

  ・抗ウイルス剤はなく、通常、脱水症状がひどい場合に
   輸液を行うなどの対症療法が行われます。

※注意

・乳幼児や高齢者で抵抗力の低下している方は重症化しやすい。

・脱水に注意(酷い場合は点滴)


脱水症状
ノドが乾く
唇が乾燥している
頭痛、吐き気、めまい、皮膚の乾燥、体温上昇、倦怠感、目がくぼむ、
尿が少ないなど


食中毒の原因食品

カキが多いそれ以外にもウチムラサキ貝(大アサリ)、
シジミ、ハマグリ等の二枚貝など


対策・予防

表面を洗うだけではウイルスの多くは除去できません。

食品の中心温度85℃以上で1分間以上の加熱を行えば、

感染性はなくなるとされています


・現時点においてこのウイルスを培養細胞で増やす手法が
 確立していないため、正確な数値はないようです。


手洗いの徹底。

調理台や調理器具は洗剤などを使用し十分に洗浄した後、

次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で浸すように拭く

ことでウイルスを失活化できます。
 
また、まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は

熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱が有効です

感染者のふん便や吐ぶつを処理する際に注意する。

使い捨ての
マスク手袋を着用し汚物中のウイルスが

飛び散らないように、ふん便、吐ぶつをペーパータオル等で

静かに拭き取ります。


ふん便や吐ぶつが付着した床等は、

次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約200ppm)で浸すように拭き取ります。
拭き取りに使用したペーパータオル等は、


次亜塩素酸ナトリウムを希釈したもの(塩素濃度約1000ppm)に

5〜10分間つけた後、処分します。
 


 ※  11月頃から1月の間に、乳幼児の間でノロウイルスによる
    急性胃腸炎が流行します。この時期の乳幼児の下痢便および
    吐ぶつには、ノロウイルスが大量に含まれていることがあり
    ますので、おむつ等の取扱いには十分注意しましょう。


感染が疑われた場合は?

 最寄りの保健所や近くの病院にご相談。



 参考サイト
 厚生労働省HP内
 ノロウイルス食中毒の予防に関するQ&A PDF