秋に気をつけることは?

暑い日が長く続いた後は、疲れが溜まり、
免疫力が低下しやすくなる様です。
季節の変わり目は、気温差の大きい日もある為、自律神経のバランスも
崩しやすくなります。
朝晩の気温が低い時間帯は1枚多く衣服を着用したり、温かい飲み物を
飲んだりなどして、体を冷やさないように気をつけることも大切です。

まだ30度近くになる日もありますので、熱中症対策は続けたほうが
安心です。

環境省HP内
熱中症予防情報サイト
暑さ指数(WBGT)とは?
熱中症の予防方法と対処方法
熱中症の対処方法(応急処置)

(当HP内)
熱中症について
食中毒
紫外線について